読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京トホトホ

東京のあれやこれやと紹介します

ミントデザインズ〜新橋駅の一角にて〜

 

こんにちは、シブヤハナです。
先日、新橋駅(銀座)にあるクリエイションギャラリーG8へ行ってきました。
こちらでは洋服のブランド「ミントデザインズ」による企画展が行われています。
「mintdesigns / graphic & textile works 2001-2017」というインスタレーション形式の展示だそうです。
入り口を入ると、ブランドの服を着たマネキンが何体も並んでいます。まるでファッションショーのワンシーンに出くわしたような感じですね。

f:id:banananokawatan:20170318154624j:plain


マネキンが、ブランドの服を着て並んでいる中に実際に入ってみるとブランドが創り出す世界に入っていく感覚がよりリアルに感じられる気がしました。なるほど、確かにインスタレーションですね。
ハンガーやトルソーとは違い、マネキンは首の角度でも演出が加わるということも事も勉強になりますね。

f:id:banananokawatan:20170318155116j:plain

別の部屋に突き進んでいくと、生地の柄のもとになる作品が展示されていました。

f:id:banananokawatan:20170318155235j:plain


これだけでも、立派な作品ですね。切り絵や刺繍で作られたものは、いわゆる絵を描く画材とは違った雰囲気を出しています。なるほど、これが製品から出てくる独特でこだわりがあるような雰囲気のポイントなのかと感心しました。

そして次の部屋

f:id:banananokawatan:20170318155401j:plain


たくさんの生地が空間に並べられています。
シンプルな配置であるのに、素敵な空間ですね。衣服になる一歩手前の状態というのが何とも好奇心を掻き立てられます。
「生地だけでも素敵」それは、衣服を身にまとう行為をウキウキさせるための大切なポイントなのではないかな。と考えながらしばらく眺めてしまいました。

f:id:banananokawatan:20170318155535j:plain

この糸で描かれた刺繍のような気球が、ワンピースになると、、、

f:id:banananokawatan:20170318155736j:plain


作り手の暖かさがわかり、且つ新しいプロダクト、テキスタイルのあり方を提案されているようなデザイン。

一つの作品が、生地のパターンになって新しく服になる
工程を見られる展示でもありました。
何より、生地の可愛らしさがチャーミングで親しみやすさを感じました。

3月25日まで開催しています。観覧はなんと無料ですのでぜひ!

こちらが、ブランドのHP
http://mint-designs.com